命理星相長短比較
八字


長所
● 人が生まれてから死ぬまでのエネルギー作用を簡潔に見ることが出来る。その精度は他の方法の追随を許さない。
● 吉凶判断において、曖昧さが少ない。

短所
● 月、日、時といった年に満たない単位に限定した予測に弱く、精度はアストロロジーにも紫微斗数にも及ばない。

紫微斗数

長所
● 八字にはない多面的、多次元的分析を可能にする。多次元分析とは、時間軸とハウスシステムをそれぞれ、テーマに応じて平行活用しながら見ていく方法で、盤にしても、命式の盤に、10年単位の盤、1年単位の盤などを重ねて動かしながら見ていくことが出来る。四化は単なる星の位置付けではなく、紫微斗数を動的に用いるための技法に組み込まれている。動的紫微斗数を用いることで、問題が多面的に分析できる。
● ハウスシステムを持ち、テーマごとに深堀りしやすい。八字では見ることの出来ない、具体的な事実が浮かび上がることがある。
● 社会的事象の分析に使える。

短所
● 吉凶の尺度が厳密でないので、どの程度の吉なのか、どの程度の凶なのか、表現を誤りやすい。
● 日時に係わることを予測することは難しい。アストロロジーには及ばない。



Astrology

長所
● 多くの天体サイクルを利用できるので、あらゆる時間に対応した回答がある。
● 擇日(物事を成功させるために物事を行う日取りを選択すること)に用いることが出来る。
● 社会的事象について極めて有用な分析が可能となる。

短所

● 吉凶の尺度が厳密でないので、どの程度の吉なのか、どの程度の凶なのか、表現を誤りやすい

 

白河百空 

戻る