地山謙 ちさんけん

  上(外)卦:地=艮 下(内)卦:山=艮
 

卦の意味(爻辞の概略)

山は尊なるもの、地は卑なるものに喩えられることがあります。山が地の下にあり、尊なるものが卑なるものの下にあって、立場が逆立ちしている状態です。謙はおごりを捨てて、誠をもって控えめであることです。このような倒立した状態では、本来の力を発揮できないので、謙であることで道が開けるという暗示です。隠徳を積むこと、人知れず人のために行為すること、こつこつ実績を積み上げることで、やがてのしがっていくチャンスが訪れることをこの卦が伝えています。何か勝負に出るときではありません。交際は難しい時です。


 

五行易のカテゴリ

5世卦:陰卦:首卦は兌為沢

  ちさんけん
  白河百空 
 
戻る