艮為山 ごんいさん
  上(外)卦:山=艮 下(内)卦:山=艮
 

卦の意味(爻辞の概略)

八卦艮宮にあるように止まるの意味です。遅滞多い時で、思い通りに進みがたいところがあります。もち合っていますが、どちらに行くのか方向性が見えない時で、無理に進むと凶です。止めて留まって安全を得ます。明治の元勲にして初代内閣総理大臣であった伊藤博文公が暗殺された時に、出発前に高島呑象がこの卦を得て、朝鮮行きを止めたということで有名な易です。この卦は艮が2つ重なることから重根と言いますが、伊藤博文公を暗殺したのは安重根でした。人の協力も得がたい時で、人間関係においても現状が維持できるように腐心する時です。

 

五行易のカテゴリ

首卦:陽卦:六冲卦

  ごんいさん
  白河百空 
 
戻る