山風蠱 さんぷうこ
  上(外)卦:山=艮 下(内)卦:風=巽
 

卦の意味(爻辞の概略)

風が山の下に抑えられ、閉塞している状態です。風は情報を流通し、気候を調整する役割を持っていますが、働くことが出来ずに、風の止まった場所では物が腐っていきます。蠱とは伝説上の毒虫で、害毒を意味します。また蠱惑するという言葉もあり、これは惑わす、誘惑するという意味です。惑わされ乱れている状態です。浪費、無思慮による出財によって破産、破綻するという暗示もあります。財を得られる状態ではなく、投資は危ないです。膿を出し切るという意味もあり、腐敗が極に達すると、そこから改まる可能性があります。

 

五行易のカテゴリ

帰魂卦:陰卦:首卦は巽為風

  さんぷうこ
  白河百空 
 
戻る