山雷頣 さんらいい
  上(外)卦:山=艮 下(内)卦:雷=震
 

卦の意味(爻辞の概略)

下は雷が動くものの、上の山がそれを抑える形です。下の雷を口に喩えています。 頣とは頬、あごのことです。食、飲食、人を養うこと、生計を立てること、言語に関係します。勝負には弱いものの、生計を立て、身を立てていくことは出来るという意味です。飲食の喜びがあり、人との語らいがあります。商売、財に関することは、苦労しますが、続けていれば少しずつ良くなっていきます。交際や結婚に関しては、理想と現実のギャップがある時で、高望みが難しい時です。


 

五行易のカテゴリ

遊魂卦:陰卦:首卦は巽為風

  さんらいい
  白河百空 
 
戻る