山沢損 さんたくそん
  上(外)卦:山=艮 下(内)卦:沢=兌
 

卦の意味(爻辞の概略)

上に山、下に沢、下を深くして上を増す。下を損させて、上を益するという意味になります。損は損ですが、後に還ってくる損です。後で損を取り返し、利益を出す可能性があります。それは他のために自分の利益を省みず尽くしたことが報われるからです。物で報われないこともあるかもしれません。人間関係も同じくです。損得抜きで人のために何か行うことです。それが損に見えて、損ではないということです。売買取引にはよい時です。損を単純に損と考えてはなりません。




 

五行易のカテゴリ

3世卦:陽卦:首卦は艮為山

  さんたくそん
  白河百空 
 
戻る