水火既済 すいかきせい
  上(外)卦:水=坎 下(内)卦:火:離
 

卦の意味(爻辞の概略)

水は降下し、火は上昇しますので、陽の火(少陰)と陰の水(少陽)が交わり、物事成ってしまったという象です。出来上がってしまっているので、これから起きることは全て崩壊につながります。渡りに船のような状況は最も注意しなければならない時で、それを幸運と勘違いすると後で悲しい思いをします。乗ったところで梯子を外されます。あるいはタイタニック号に乗船した乗客のような状態が未来に待っています。迅速に事を起せば勝つこともありますが、勝ち逃げは難しいかもしれません。結婚は整いますが、後で乱れます。出来る限り自重する時です。



 

五行易のカテゴリ

3世卦:陽卦:首卦は坎為水

  すいかきせい
  白河百空 
 
戻る