水沢節 すいたくせつ
  上(外)卦:水=坎 下(内)卦:沢:兌
 

卦の意味(爻辞の概略)

竹の節のように通過を妨げるものがあって、物事が通っていかない状態を示します。一つ問題を乗り越えたら、また新たな問題が出てくる状態です。困窮の卦かというとそうでもなく、上の水があふれた分だけ沢を潤す象ですから、大きな利益は望めなくても、おこぼれなら頂戴できる状態です。市場は弱気であることが多いのですが、小さな値幅で利益を得るチャンスのある時です。内に閉じこもる時ではなく、状況を見ながら積極的に外に向かう時です。交際から結婚に至るには迅速さが必要です。自分から動かないと後悔します。


 

五行易のカテゴリ

1世卦:陽卦:首卦は坎為水

  すいたくせつ
  白河百空 
 
戻る