水天需 すいてんじゅ
  上(外)卦:水=坎 下(内)卦:天:乾
 

卦の意味(爻辞の概略)

水蒸発して雲となり、天に昇りて、いまだ雨にならずの象です。恵みの雨は生物を育て、日照りの大地は雨を需要します。ひたすら待つ状態です。高止まりしたものは、下落するのが理です。急落前にあります。しかし空売りや換金処分を急いではなりません。急げば損失ある暗示です。自分より物事、決して動かしてはならず、相手の動きをひたすら待つことで後に吉が訪れる、これが水天需です。交際、結婚についても自分から動く時ではなく、相手から関係を壊してきても、修復も受動的で吉、短気を起さず、状況の変化を待つ状態です。明らかに状況の変化が確認できたら、動きます。


 

五行易のカテゴリ

遊魂卦:陰卦:首卦は坤為地

  すいてんじゅ
  白河百空 
 
戻る