沢地萃 たくちすい
  上(外)卦:沢=兌  下(内)卦:地=地
 

卦の意味(爻辞の概略)

萃は聚まるとも言い、人や物がたくさん集められてパーティをする意味です。繁栄、享楽を享受を表し、活気にあふれていて、今時点ではこの上ない縁起のよい卦です。利欲によって集めるという意味で、宣伝活動には最も時期を得ています。しかしものを集めるには資本と労力、気遣いが伴います。資本を回転させるという意味もあります。そして集まってくる人には、自分が好まない人も混じることがあり、また自分に不利益や害をもたらす人もいる可能性があります。多種多様な人の集まりには、騒動、喧嘩、争いが伴うものです。そして集まるものは、必ず別れます。後に別れて孤独になるという暗示を含んでいます。今は吉、後に崩れるという意味です。病気であれば後に悪化し凶の暗示です。相場は出来高を伴いますが、もち合います。

 

五行易のカテゴリ

2世卦:陰卦:首卦は兌為沢

  たくちすい
   
  白河百空 
 
戻る