天山遯(遁) てんざんとん
  上(外)卦:天=乾  下(内)卦:山=艮
 

卦の意味(爻辞の概略)

遯は遁であり、退くこと、衰えることです。陽が衰え、悪徳がはびこる時です。いくら労力を費やしても、なかなか成果の上がらない状況です。むしろ物事、断絶し、妨害、障害にあい、悲しい思いをする時です。相場は大いに下がり、あるいは、やることなすこと意が通りません。撤退して、未来に託すことが良いでしょう。日本では四大凶卦というものを設定しましたが、天山遁は入っていません。しかしながら、天山遁は、四大凶卦よりも救いのない大凶卦です。

 

五行易のカテゴリ

2世卦:陽卦:首卦は乾為天

  てんざんとん
  白河百空 
 

戻る