天沢履 てんたくり
  上(外)卦:天=乾  下(内)卦:沢=兌
 

卦の意味(爻辞の概略)

履とは踏む、剛柔いずれかを踏む、薄氷を踏むの意味です。危険が目前にあることを象徴する卦です。剛を踏むとは、虎の尾を踏むということです。剛に剛で対抗することは最悪の結果を見ます。剛には柔を、かわすことを覚える時です。虎の尾を踏まないように慎重かつ謙虚に行動することが望まれる時です。受身の姿勢ながら、物事の流れを読み、力をいれずに迅速に行動します。虎の尾を踏まずにやり過ごすことが出来れば、後に開けてきます。相場、市場は下落の時です。災難をどうやり過ごすかです。

 

 

五行易のカテゴリ

5世卦:陽卦:首卦は艮為山

  てんたくり
   
  白河百空 
 
戻る