ご挨拶 お問い合わせ     サイトマップ

白河百空

百空

ホームへ

 

滴天髄を読む

00. なぜ滴天髄なのか 
01.通神論
02.天干論
03.地支論
04.干支総論
05.形象論
06.方局論
07.普通格論
08.従化論
09.順逆論
10.体用論
11.八字総論
12.六親論
13. 富貴貧賤吉凶寿夭論
14.性情論
15. 疾病論
16. 出身・地位論
17. 女命・小児論

03.地支論

地支については、こちらに基礎理論として基本的知識をまとめていますので、以下お読みになる際の参考にしていただければと存じます。

1.陽支動且強 速速顕災祥 陰支静且専 否泰毎経年

陽支は動き、かつ強く災祥を顕す。陰支は静かにして、かつ否泰は常に年を経るなり。

子寅辰午申戌といった陽支は動的な性質を持ち、支によってもたらされる現象は吉凶が速くはっきりしています。
丑卯巳未酉亥といった陰支は静的な性質を持ち、支によってもたらされる現象は吉凶がゆっくり弱く表れます。

2.生方怕動庫宜開 敗地逢冲仔細裁

生方は動を怕(おそ)れ、庫は開くに宜しい。敗地が冲にあえば、仔細に裁くべし。

地支は生方(長生)、敗地(帝旺)、庫(墓庫)といった3つのカテゴリに分類できます。
生方は物事が勢いよく始まる状態です。敗地は帝旺(旺)とも言われますが、最も盛んな状態、これから下り坂(敗北)しかない物事の頂点です。帝旺を過ぎると衰退していき、墓庫(庫)に辿り着くと完全に墓の中で眠った状態になります。

生方は四生とも言われますが寅申亥巳から成ります。敗地は四正とも言われますが、卯午酉子です。庫は四庫と言われますが辰未戌丑です。
生方は、もっとも勢い盛んに伸びている状態であるため、動、すなわち他支からの冲によって傷つけられ、邪魔されることを恐れます。墓に入って眠っている状態である墓庫においては、冲によって刺激を与えられ、起こされること(冲起)を喜びます。敗地においては冲の喜忌は状況に依存しますので、仔細に検討する必要があります。地支はいわゆる生旺墓絶(日本ではこれを十二運と呼ぶ)という循環律に影響を受けています。この文は地支に生旺墓絶を当てはめた場合に、冲によって生じる現象を論じたものです。

3.支神只以冲為重 刑与害兮動不動

支神はただ冲をもって重となす。刑と害は動じて動かず。

支神すなわち地支においては、冲を最も重大な影響あるものと見ます。冲は地支と地支が180度の関係、オポジションになるものです。それに対して地支は刑や害には影響されないものです。刑や害は、地支と地支が90度、スクエアの関係になることを言いますが、八字においては地支に作用する刑や害の影響は、冲に比べてはるかに弱く、殆どのケースでは排除して考えても差し支えありません。

4.暗冲暗会尤為喜 彼冲我冲皆冲起

暗冲暗会は尤(もっと)も喜びとする。彼を沖し我を冲されて、皆冲を起す。

暗冲とは大運もしくは太歳によって巡ってくる地支に生時の地支が冲される状態です。暗会とは大運もしくは太歳によって巡ってくる地支に生時の地支が支合あるいは三合する状態です。命式において喜神とするものが旺じてエネルギーが有り余っている場合、それによって偏りが生じている場合には、旺じるものを運の巡りによってやってくる冲や合によって去らせる(冲去、合去)ことで運勢が好転します。

5.旺者冲衰 衰者抜 衰者冲旺 旺神発

旺じる者は冲すれば衰え、衰える者は抜く。衰える者は冲すれば旺じ、旺神は発するなり。

地支が合により、よい状態にある場合に、冲すれば合が解けて悪い状態になります。
反対に地支が合により力を発揮できない状態にある場合には、冲によって合が解けて事態が好転します。
冲がどのように作用するかは、命式の配合により喜忌と旺衰が明確になっていれば、判断できるものです。

04.干支総論

1.陰陽順逆之説 洛書流行之用 其理信有之也 其法不可執一

陰陽順逆の説は洛書流行の用いるその理は信ずべきものなり。その法は一をとるべからず。

陰陽順逆の理とは、生旺墓絶(十二運)の循環律のことです。洛書から出たもので、理論として間違いはないのですが、 これをそのままの形で命理的な判断、運命の判断に使うべきではありません。

2.故天地順遂而精粋者昌 天地乖悖而混乱者亡 不論有根無根 倶要天覆地載

天地順遂にして精粋なる者はさかんなり。天地乖悖して混乱する者は亡ぶ。有根、無根は論じない。 ただ天覆地載なるを要する。

天地とは天は天干、地は地支のことを表しています。ここでは通根については論じません。天干は地支に生幇されるか、天干が地支を生幇する場合にはお互い繁栄する関係となります。それに対して天干が地支を剋すか、地支が天干に協調しない場合には滅亡的な関係となります。天覆地載とは天干と地支が有情、お互いに協力的、協調的な関係にあることで、天覆地載であることが重要です。

3.天全一気不可使地道莫之載

天全一気は地道をして、これを載することなからしむべからず。

天全一気とは天干が全て同一の干で占められることです。載せることなからしむ、この場合に天干が地支に載っていない状態であることは、よろしくないと言っています。天干が地支に載らないとは、天干地支が相生の関係でないことや、地支が冲去、合去されて力を失っている状態を意味します。天干の気は下降し、地支の気は上昇することで、中間にある人はエネルギー的に良好な状態を得られるのですが、天干と地支が相互に協調する関係でないならば、それは果たせません。天干が一つの傾向に固まった時、地支は、地支の性質上天干を剋すことは出来ませんから、それに順じることで、全体の運気が吉なるものとなります。

4.地全三物不可使天道莫之容

地に三物全きは、天道これを容れざることなからしむべからず。

地に存在する三物とは、方あるいは三合が形成されると、地は一つの五行に集中した形になります。 この場合に天干は、地支を制するか、あるいは地支の気勢に順ずることで、吉なる運気となります。

5.陽乗陽位陽気昌 最要行程安頓 陰乗陰位陰気盛 還須道路光亨

陽は陽位に乗ずれば陽気がさかんとなり、最も行程の安頓なるを要する。
陰は陰位に乗ずれば陰気がさかんとなり、須(すべか)らく道路の光亨となるべし。

陽干が陽支に乗っている場合で陽が強いのであれば、陽干は弱くなると救いようがないので、大運の巡りは
安らかなるものであることを要します。陰干が陰支に乗っている場合で陰が強いのであれば、
自ら艱難辛苦伴いながら道を切り開く生き方よりも、光ある環境(道)を選んで人の後について行くことがよいでしょう。

6.地生天者 天衰怕冲 天合地者 地旺喜静

地が天を生じるは、天衰えれば冲を怕れる。
天が地に合すれば、地が旺じて静かなるを喜ぶ。

地支が天干を生じる関係にある場合に、天干が弱くなると地支が冲去されることを恐れます。
天が地に合とは、天干と地支の中にある蔵干が干合の関係にあることを言います。
具体的には、①戊子(癸)、②辛巳(丙)、③壬午(丁)、④丁亥(壬)、⑤己亥(甲)、⑥癸巳(戊)、⑦甲午(己)が該当します。
当該合が喜であるならば、地支が強く、合冲により去らないことが望まれます。

7.甲申 戊寅 真為殺印相生 庚寅 癸丑 也坐両神興旺

甲申、戊寅は、これを真の殺印相生となす。庚寅、癸丑は、旺じるに座す。

殺印相生とは、官殺が印を生み出すこと、印に対して官殺が自らエネルギーを注ぎ、消耗し、印を育てることです。
ちなみに印は日主にエネルギーを注ぎます(印が日主を相生する)。
甲申を見てみますと、申の蔵干は余気が戊、己、中気が壬、本気が庚です。庚は甲に対して金剋木ですから、官殺の関係にあります。壬は甲に対して印の関係にあります。蔵干内で庚が壬を相生しますので、殺印相生が起きているのです。庚が壬を相生し、壬が甲を相生する順の循環が形成されています。戊寅の場合も同じです。寅の蔵干は、余気が戊、中気が丙、本気が甲です。甲は戊に対して木剋土ですから官殺の関係にあります。丙は火生土ですから、戊に対して印の関係にあります。甲が丙を相生し、丙が戊を相生することから、ここにおいても殺印相生の関係が作られています。

庚寅も同じくで、中気丙火は庚金に対する官殺です。しかし余気、戊は印です。丙が戊土を相生します。ただし戊はそのままでは庚を生むことが出来ません。癸丑ような水もしくは湿土が近くにあって、庚寅と癸丑が協調しあうことで、もともと燥土である戊が湿土に転換します。この協調によってはじめて生金が可能になり、庚が相生されます。ここでは以下8、9に述べる上下、左右の協調の例が述べられています。

8.上下貴乎情協 

上下は、情協を貴ぶ。

上述した7.で見たように干支は上下で協調関係が作られることがあります。
天干と地支は剋や不干渉の関係にあることはよろしくなく、必ずしも相生の関係になくても、
有情、すなわちエネルギーが協調する関係にあれば、運勢を幸運に導きます。

9.左右貴乎志同

左右は、志同じくすることを貴ぶ。

日干(エネルギー・センター)を中心に置くと、時干支が左、年月干支が右になります。
命式を構成する要素が秩序、順なく雑乱し、協力関係にないことは、あらゆる意味で凶です。
人生の方向性、例えば財、あるいは名誉、立場、家族の情愛、他人への奉仕、何でもよいのですが
それを定めて、そこに向かってエネルギーが統一的、協調的に流れる命式が美であり、貴なのです。

10.始其所始 終其所終 富貴福寿 永乎無窮

その始まるところに始まり、その終わるところに終われば、富貴にして福寿であり、永く窮することなし。

年月支を人生の始まり(生誕幼少時、先祖、親)を意味し、時支は人生の終わり(晩年、子孫)を意味します。
始まりから終わりまで構成する干支に齟齬、矛盾なく、通っていれば、あるいは流れていれば、富貴な生涯を送り、幸福に寿命を延ばすことが出来るでしょう。順であること、お互いに協調しあって流れることが、非常に重要なのです。

 

 

次へ

 

 

歴史

基礎知識
運に聞く
サイクル
TOPICS
経済考
六壬
星相 紫微斗数 Astrology
八字
九宮・風水
気学
ヨガ

 




活動方針 個人情報保護方針 免責事項

Copyright ©白河百空 All Rights Reserved.