ご挨拶 お問い合わせ     サイトマップ

白河百空

百空

ホームへ

滴天髄を読む

00. なぜ滴天髄なのか 
01.通神論
02.天干論
03.地支論
04.干支総論
05.形象論
06.方局論
07.普通格論
08.従化論
09.順逆論
10.体用論
11.八字総論
12.六親論
13. 富貴貧賤吉凶寿夭論
14.性情論
15. 疾病論
16. 出身・地位論
17. 女命・小児論

02.天干論

1.五陽皆陽丙為最 五陰皆陰癸為至

五陽は皆陽にして丙を最たるものとし、五陰は皆陰にして癸を極まるものとする。

五陽、すなわち甲丙戊庚壬の中で丙が最も陽の極まった状態です。五陰、すなわち乙丁己辛癸の中で癸が最も陰の極まった状態です。

2.五陽従気不従勢 五陰従勢無情義

五陽は気に従いて勢いに従わず、五陰は勢いに従いて情義なし。

気とは義、勢いとは利のことです。陽干は利よりも義を優先させ、自分で立つか、自分で立てないなら自分を捨てて他に従おうとしますが、陰干は義よりも利を優先させ、自分を保ちつつ有利な環境に身を寄せる傾向があります。
このことから、”陰干弱きを畏れず”、陰干は弱くとも他の有利な環境を選択することで生きていけますが、陽干はそうはいかず、弱くなったら生きる術がなくなっていきます。



●各天干の性質

以下10の天干の性質を順にご説明いたします。



甲木参天 脱胎要火 春不容金 秋不容土 火熾乗龍 水蕩騎虎 地潤天和 植立千古

甲木は天に参じ、脱胎するには火を要します。春には金をいれず、秋には土をいれず、”火熾乗龍”、 ”水蕩騎虎”にして、地を潤ませ、天を和まし、千年の大木となるものです。
甲木は天に届くかという大木です。強く旺じた甲木が発展に寄与するには、火に漏らすこと、薪となって火の燃料となることが必要です。甲は火に漏れることで質的に強化されます。これを木火通明といいます。春生まれであれば木の剋となる金はいりません。秋生まれなら金の母体となる土はいりません。(ただし庚金劈甲、強い甲が庚金によって裁断され、有用な木材となることもあり、金は状況に応じて必要です。土も同様に木を剋すこともあれば、木を育てることもあります。これらの可否は季節や命式の構造に依存します。)

火熾乗龍とは、火盛んな季節に龍、すなわち辰の上に甲が来ることを言います。辰は湿土で、蔵干に癸を持ち、木を育てます。甲木は癸水による生育を大変喜ぶものです。命式の構造にもよりますが、辰に育てられた木が火に漏らすことで発展していきます。水蕩騎虎とは、水が多いものの、甲が寅にまたがっているならば、寅は納水する力が強いため、木を水に流される浮木とせずにしっかりとした土台の上に豊かな水によって木を育てていける状態を表します。



乙木雖柔 刲羊解牛 懐丁抱丙 跨鳳乗猴 虚湿之地 騎馬亦憂 藤蘿繋甲 可春可秋

乙木は草木です。草木であっても丁か丙があれば、羊(未)か牛(丑)といった柔土(己土)を制することができるものです。(戊は制することができません)乙木は丁、むしろ丙によって反生の功を得て、火に漏らすことで強化されます。また火は乙木が苦手な庚金を制してくれます。(庚金によって乙は、鎌が草木を切るようにバラバラにされてしまいます)乙は金水過多を畏れます。湿土であっても火を晦火するようであれば、よろしくありません。

藤蘿繋甲とは、草の蔓が大木にしっかりとまきついている様です。乙木が地支に寅卯辰等の根を張っている状態で、甲木が近貼し、幇助して乙木を強化します。藤蘿繋甲であれば、一年中、どのような気候、季節に生まれようとも、安泰です。


丙火猛烈 欺霜侮雪 能煅庚金 逢辛反怯 土衆成慈 水猖顕節 虎馬犬卿 甲来焚滅 

丙は他を照暖する猛火です。霜を恐れず、雪を欺きます。厳寒の真冬であっても丙一つで調候も足ります。庚金をよく制します。(丙火が旺じると庚は溶けてしまいます。)辛金に逢った場合には、辛は庚に比して弱金と言われ、弱いものですが、丙が怯んでしまいます。(丙辛干合する場合、合して去となる場合もあります。化水しても去となっても丙は失われます)火は土に漏らします(燃えて灰となり、灰が土となります)。火は土の慈母です。しかし湿土は火を晦火、減火させる(土多晦光)ので湿土大過は恐れます。水(壬癸)は丙にとって重要なもので、適度に水に制されることで丙のよさを発揮できます(輔映湖海)。しかし丙があまりに旺じるところに、わずかな水が注がれると、杯水車薪となり、火がますます炎上するばかりとなります。丙に対して水の奔流が向かうと、当然のことながら火は消えてしまいます。両者のバランスが重要です。甲木は薪となって火を燃やします、両者は良好な関係にありますが、あまりに薪が多いと木多火熄、火が消えてしまいます。



丁火柔中 内性昭融 抱乙而孝 合壬而忠 旺而不烈  衰而不窮 如有嫡母 可秋可冬

丁火は外からは柔らかく見えますが、内にゆるやかに燃えていて、炉の内側は非常に高温であるものです。これを文明、文化、芸術的素質と見ます(文化を創る活動に貢献するものです)。(他を照暖する力はないため、寒湿に対する調候とはなりません。辛の場合以外に丙火を丁火で代用することは困難です。)

丁火は金から乙木を守ります。条件が良ければ庚を丁火煅金、煅えて有用な金属とします。庚にとって丁火は重要なものです。辛は溶かしてしまいます。壬水に対しては壬丁干合の可能性があるため、壬水は恐れません。丁火は旺相しても激しくなることはなく、死休囚しても、あるいは衰えても弱きことを恐れません。

甲があるならば秋冬も恐れません。癸の剋は嫌いますが、癸も甲が通関し、甲が丁火を引火します。甲は癸水を納水し、癸水に育てられます。そして甲は丁火の燃料となるのです。(ただし甲はあまりにも大量、強い水によって納水の限界を超えてしまうと発火できなくなってしまいます。)この循環が確立されるならば丁火は真冬でも、水強い時期、水強い構造にも耐えうるのです。



戊土固重 既中且正 静翕動闢 万物司命 水潤物生 火燥物病 若在坤艮 怕冲宜静

戊土は高く厚く、固く重たいものです。剛にして派手、中気を得て正です。春夏は気を開いて(動)万物を生じさせ、秋は閉じて(静)万物が成ります。土は万物の司令です。四季全て(土用)に存
在し、季節の移り変わりを司ります。適度に潤うこと、湿ることを喜び、湿ると生金(庚、辛)します(通常は燥土であって生金しません。水を恐れず、壬であっても制します。大河、壬水を制することが出来るのは戊土だけです。戊土多いと金を埋もれさせ、金のよさを発揮させません)。戊土は火による乾燥を嫌います。寅(艮)に座する時は、申(坤)の冲を恐れます。申(坤)に座する時は寅(艮)の冲を恐れます。冲によって根が動くことを好まず、根が安定し静かであることが宜しいのです。


己土卑湿 中正蓄蔵 不愁木盛 不畏水狂 火少火晦 金多金光 若要物旺 宜助宜幇

己土は低く、薄く、湿にして中正、よく蓄積させます。卑とは卑しいではなく、低く薄いという意味です。穏やかで控えめで、低いところにあるため視野は広くありません。適度な水を保った湿土かつ、通気性のある柔らかい土であるため、草木をよく育てます。木が多くても剋されることを恐れません。甲己干合の可能性があります。甲己干合で化する場合には甲を土にします。水が多いことも畏れません。しかし壬を制することは出来ません。水多いと泥水となり、水を濁らせます。火が少ないと火を暗く晦火させてしまうので、よろしくありません。適度な丙火は己を生み出し、強化します。あまりにも強い火は己土を燥土に化し、己のよさをなくしてしまいます。湿土は金を生み出すので、金があると光らせ、庚金、辛金を発展させます。特に庚金に喜ばれます。しかし土が多すぎると金を埋もらせ、金のよさが発揮されなくなります。己土は万物を生み出し、消耗する傾向なので、陰干であっても旺じることを要します。己土を強めるには、戊土に幇されるのが宜しいです。




庚金帯煞 剛健為最 得水而清 得火而鋭 土潤則生 土乾則脆 能勝甲兄 輸干乙妹

庚金は殺の気を帯びており、粗暴の質を持ち、10干支の中で最も剛健、最強です。意志強固、頑固で物事を簡潔に断じます。物事に簡単に見切りをつけるため、時として変わり身は早いです。水を得ると、気を水に流し、水に洗われて美しく清くなります。丁火を得ると丁火によって磨かれ(丁火煅金)ることで、はじめて物事の役に立つようになります。丙火は庚を溶かしてしまう可能性がありますが、金寒水冷の折には、丙火を喜びます。土が潤うこと、湿土を喜び、土から庚金は生じられ、育てられます。乾いた土(燥土)は嫌います。燥土に囲まれると庚金は脆くなり、駄目になってしまいます。

甲木に逢うと、甲木を裁断して材木として役立てます(庚金劈甲)。しかし乙木と逢うと、干合する可能性があるため、乙にエネルギーを注ぎ込み、かえって庚は弱くなることがあります。乙木と化するとしても乙木を金に変え、庚は金のままです。



辛金軟弱 湿潤而清 畏土之畳 楽水之盈 能扶社稷 能救生霊 熱則喜母 寒則喜丁

辛金は軟らかく弱いです。庚を実用的な鉱物とすれば、辛金は宝石、貴金属、珠玉です。辛金は陰であり、外に華やかさを持ちつつも、内に頑なさと疑心、批判精神を秘め、辛抱強く物事に当たります。湿潤を喜び、水に洗われるのを大変喜びます。水に洗われて才能を発揮します(楽水)。庚金同様に、辛金は湿土によって育てられますが、埋金を恐れるます。戊土、燥土は嫌いです。社稷とは地母神(土地の神、五穀豊穣の神)のことです。国家の意味にも使われます。辛金は丙火と君臣の関係にあり、丙と共に国家に尽くすという意味になります。丙辛は干合する可能性があり、化すると水になります。この水は甲を育て、甲は薪として丙の火源となるため、丙、辛、甲の関係性は発展的です。

辛金は生霊を救います。辛金は霊的なセンスを司るという見方もあります。辛金は庚金と異なり、丁火煅金なくとも社会的に成功できます。しかし金寒水冷であるならば、辛金のよさが発揮できなくなりますので、丁火の暖を喜びます。辛金においては例外的に丙ではなく丁火を調候とします。




壬水汪洋 能洩金気 剛中之徳 周流不滞  通根透癸 冲天奔地 化則有情 従則相済 

壬水は大河です。壬水は強い火土に逢うと枯渇するので、その場合には金(庚金、辛金)の水源を喜びます。また強すぎる庚金を漏らして和らげ、社会的に有用なものとします。これを徳と言います。壬水の質は剛ですが、聡明で広い度量を持ち、徳を有し、あらゆるものを惹きつけ呑み込みます。傾向が悪くでると怠慢、怠惰に流れるきらいがあり、受け入れるあまり収拾がつかなくなることもあります。前に進み続けますが、退くことは至難です。

壬水の流れが滞ることはありません。地支に水局形成されたり、北方の巡りとなるなど水太過する、あるいは水の根がしっかり通り、天干に水が透出すると、水の勢いあまりに強くなり、冲天奔地となり、洪水となり、破壊的に作用し、大惨事を引き起こしてしまいます。戊土でも奔流を制することが出来ないときは、甲木を用います。

壬水は癸水と異なり、木(甲、乙)を育てることには無理があります。乙木にとって壬水は浮木漂白させ、乙を腐らせるだけのもので、水生木と一見相生の関係に見えながら、実は何の役にも立ちません。しかし壬水は金と甲木の間に入って、金をエネルギーを変換し、甲木に流す働きをします。これを通関といいます。金があることを前提に壬と有情の関係にある甲木に通関させ、水のエネルギーを甲木に発展的に使わせることで、水木お互いに良好を得ます。甲木にしてみても金が強すぎる場合には壬があると助かります。また丁があると、壬丁干合する可能性があり、化すると木となります。


癸水至弱 達於天津 得龍而潤 功化斯神  不畏火土 不論庚辛 合戊見火 化象斯真

癸水は陰の極みで弱いものです。雨露の水に喩えられるものの、壬水の幇を受ける、あるいは地支水の根に通って旺じる等配合の力を得たならば、天津・江河(揚子江)のような立派な大河になります。地支に龍(辰)を得ると万物潤います。辰は癸を蔵干に持ち、癸の根となります。辰は、また乙、戊を持ち、甲木、乙木と逢うと、木(甲木、乙木)をよく育てます。壬が木を全く育てられないのとは対照的です。特に甲木を育てることで癸も発展します。そして辰は癸水含む湿土であり、金(庚金、辛金)をよく生みます。また激しすぎる火をよく抑えます。これを功化斯神といいます。

癸は火土を恐れません。庚金、辛金の水源を得れば、癸水は容易に枯れることなくなり、火土にも対抗できます。戊土は癸水と干合する可能性があります。化すれば火となります(化象斯真)。

 

次へ

 

 

歴史

基礎知識
運に聞く
サイクル
TOPICS
経済考
六壬
星相 紫微斗数 Astrology
八字
九宮・風水
気学
ヨガ

 




活動方針 個人情報保護方針 免責事項

Copyright ©白河百空 All Rights Reserved.